売却後のキャンセルについて

売却後のキャンセルについて

自動車の売却後にキャンセルができるかどうかは業者によって異なります。
契約直後であればまだキャンセルができる可能性が高いですが、既に車自体が引き取られてしまったということになると、車を移動するために必要になった費用をキャンセル料として請求されることが多いでしょう。
また車が既に展示されていて販売の準備に入っているという段階になると、キャンセルが難しいケースも出てきます。
ましてやすでに買い手がついているということになってくると、残念ながらキャンセルはもうできないと言われてしまう可能性が高いと言わざるを得ません。
ただもしも買取業者側の不備、例えば告知するべきことをこちらに伝えなかった場合や無断で買取価格から諸経費などを差し引いたなどの事情があるのならば、それは買取業者側の落ち度があったわけですから売り手の都合でキャンセルすることは可能でしょう。
しかしその場合であってもすでに車が引き取られているということになると弁護士などの力を借りなくては車を取り戻すことができないケースもあります。
そのため車を売却する際にはさまざまな条件を細かく確認し、間違いなく納得が出来た時に初めて契約書にサインすることを心がけてください。

関連ページ

オプション品の下取りの価値は?
オプションの売却価値を知りましょう
バッテリーが上がっているけど売却額に変化はあるのか?
バッテリーが上がっている車の売却額について解説
車を売る際に最適なタイミング
車を売る最適なタイミングをご紹介しております
喫煙車の査定額は安くなるのか?
車を売る最適なタイミングをご紹介しております
社外品を付けたら純正パーツは残すべきか?
売却が決定した後キャンセルすることは可能なのでしょうか?
素朴な疑問を簡単解決!車の売却時期に関するノウハウ
売却が決定した後キャンセルすることは可能なのでしょうか?