社外品を付けたら純正パーツは残すべきか?

売却後のキャンセルについて

車をある程度の期間乗りつづける、ちょっとイメージチェンジしたくなることがあります。そんな時純正パーツに比べて格好のいい社外品に取り換える人が多いようです。小さなパーツであれば別ですが、ホイール等だと取り外した純正パーツの置き場に困ります。冬タイヤ用に取っておく人でない限り、引取を依頼することも少なくありません。
しかし、下取も買取も純正パーツが付いていることを前提にして買取価格が決められています。社外品が付いているからといえ、値段が下がることはあっても上がることはまずありません。それが有名メーカーのホイールであっても、スチールホイールをアルミに替えても同じ話です。
社外品と純正パーツを比べると純正パーツの方が、性能がいいのは当然です。開発期間などの事を考えればすぐにわかると思いますが、ホイールなどの場合社外品に替えたとたんに車のバランスがおかしくなったという例は少なくありません。
そのため、社外品パーツに付け替えた際は、できるだけ純正パーツを残しておくことをお勧めします。もし社外品を使っていて調子が悪いようであれば元に戻すこともできますし、売却の際にも付け替えの必要はありますが、売却価格は有利です。

関連ページ

オプション品の下取りの価値は?
オプションの売却価値を知りましょう
バッテリーが上がっているけど売却額に変化はあるのか?
バッテリーが上がっている車の売却額について解説
車を売る際に最適なタイミング
車を売る最適なタイミングをご紹介しております
喫煙車の査定額は安くなるのか?
車を売る最適なタイミングをご紹介しております
売却後のキャンセルについて
売却が決定した後キャンセルすることは可能なのでしょうか?
素朴な疑問を簡単解決!車の売却時期に関するノウハウ
売却が決定した後キャンセルすることは可能なのでしょうか?